スポンサードリンク

羽生結弦のアクシデント動画より検証!11月8日中国大会での衝突に”わざと”の声も!?


 

それは日本の土曜日の夜、「あー明日休みだわー」って、スーパーで4本入り198円だった惣菜の焼き鳥をアグアグしながら金麦を流し込んでた時間帯でした。

 

アナウンサーが、「おーーっと!!」と突然叫びだしたのです。え?まだ競技でも無いのに?なになに?と思いました。羽生結弦と中国のエンカン選手が、本番前の6分間スケートでぶつかってしまったのです。

 

羽生サマ…大丈夫?日本中が心配しました。

スポンサードリンク


羽生結弦の”あのできごと”瞬間

⇒動画はこちら

VTRでは、お互い後ろ向きに滑っていって、振り返ると同時にぶつかっているのがわかります。これに対し、王者を奪還するための行為だ!わざとだろ!なんて心ない意見も、ぐぁーっと巷に溢れたようですが、過..去には高橋大輔と小塚選手が、安藤美姫と村主選手が、など、衝突の場面は幾つもあったと言われています。

 

因みに、フィギュアスケートの速度って選手によって千差万別ですが、キム・ヨナを例に出すと5000メートルを約6分で駆け抜けるという計算になるのだそう。これは、時速に換算すると25キロ。秒速は約13メートルです。女性でも、「いーち」と数えて13メートル進みます。ワープ並みの速さです。陸上競技だと秒速は、オリンピッククラスの選手でも5~6メートルです。

 

6分間の練習とはいえ、集中力を高めながら本番さながらの練習をしてることでしょう。両者が動いていたので、ほぼ受け身の出来ない状態から時速25キロ以上の衝撃が掛かったといっても過言ではありません。時速5キロの自転車程度でも、当たるとそれなりに痛いです。脳震盪だった場合、ショックが数日後経過してから来ることもあるほど、脳はデリケートです。帰国はマスクと車いすで、痛々しさ全開でしたが、早く回復して欲しいです。

 

テレビを見ながら、何度も4回転に挑戦しては転倒する羽生結弦の姿に、泣きながら何度も”もうやめてー!”と言ってしまった次第です。更に、

 

「個人的にね、僕は辞めて欲しい!!危険して欲しいですよ!だけど、彼はそういうの一番許せないんですよ!!自分に負けて、戦いを降りることが…」とひたすらエンジン全開でボルテージを上げたコメントをしている松岡修造にも「おねがいだからもうやめてー」と言ってしまった次第です。

 

ネットの意見も様々。

 

4回も転んで2位ってどうなのさ?周りのレベルが低すぎたんじゃん?

 

とか、

 

なんで怪我なのにマスクしてるん?
なんで演技できたのに車椅子乗ってるん?

 

とか、

 

明らかにエンカンは避けれた。VTR見ればわかるよなんて声がありますけども、そういうコメントを掲示板に堂々と残せる人って、点数が実際に出て羽生結弦が涙を流した時、心が微動足りともしなかったのかなと、悲しくなってしまうものですが、

 

わたくし個人的にはソチには無かった、人間の底力を感じる凄いものを見せて貰った気がしました。

→それでも羽生結弦はプーさんと一緒だった?


スポンサードリンク

コメントを残す