スポンサードリンク

徳光和夫と福留功男の不仲説はアメリカ横断ウルトラクイズが原因?


a 300x179 徳光和夫と福留功男の不仲説はアメリカ横断ウルトラクイズが原因?

徳光和夫が同期でもある福留功男アナを「特段好きではない」と一蹴しました。アメリカ横断ウルトラクイズの司会者、そして今は無き朝の長寿番組「ズームイン!朝」の司会、日テレの顔としてお互い切磋琢磨したイメージが強いものの

 

ブラックな一面があるという噂も強い2人です。全盛期のような露出は無く、世間の目からすればほぼ引退って見方が強いかなってこの2人に、十数年ぶりに荒波が?(徳光アナ福留アナの笑顔を本気で仏様と思ってた方、以下閲覧注意)

スポンサードリンク


徳光和夫と福留功男の関係

1979年より徳光アナ、1989年より福留アナが司会を勤めた番組がズームイン朝。そして、海外リポーターを福留アナが、国内リポーターを徳光アナが勤めたアメリカ横断ウルトラクイズなど、日テレの顔的アナウンサーだった2人。(平成生まれの方用の説明)しかし、兼ねてから不仲説は流れていた模様です。

 

年明け1月よりCSにてアメリカ横断ウルトラクイズ第13回が5編に分かれて再放送される事が決定しています。更に、全ての放送が終了した2月26日に「今だから話せるウルトラクイズ丸秘証言集」なるものが放映されるそうです。その放送に因んで都内で会見が行われた際に、「今だから話せること」と、福留アナへの当時の気持ちを徳光アナが語ったのが、今回の騒動のきっかけです。

 

(福留アナは)独裁者みたいだった

仲が悪いわけではないけど、好きではない

 

当時、アメリカ横断ウルトラクイズでは国内のリポーターを担当していた、徳光アナ。本当は交互にアメリカに行くという話もあったものの、ズームイン!朝で徳光アナが毎朝の仕事を余儀なくされ、この話はなくなったあたりから確執が生まれたと言われています。

 

ほぼ同年代ながら、日テレで先に出世し出したのは徳光アナの方。『NTV紅白歌のベストテン』などで人気を博し、79年にはズームイン!朝を任せられた徳光アナに対し、福留アナの新人時代は、陽の目を見ないもどかしい日々が続いたと言います。

 

アメリカ横断ウルトラクイズの企画が挙がった際も、当時、同番組が歴史的イベント番組になるとはまだ誰も思っていなかったために、仕事の無かった福留アナが、長期海外出張を強いられるのは自然な流れではあります。

 

徳光アナが今回のコメントで

 

「トメちゃんは司会者と同時にプロデューサー。“アナデューサー”だった。今でもウルトラクイズをベースに諸外国でも仕事をされているし、自分の生き方を貫いた。その座標軸が『ウルトラクイズ』だった」と評価するように

 

当時徳光アナが抱いていた概念は、確執ではなく、遅ればせながら頭角を表してきた、福留アナの才能に対するジェラシーてきなものではないかと、個人的には思いますが。如何でしょうか。

 

福留功男の現在は?性格が悪かった?

 

そういえば昔からありましたよね。「福留功男は性格が悪かった」って噂。朝からいつもニコニコで、そんなギャップがあるなんて信じられませんが、関連記事を見つけました。

→福留功男は性格が悪かった?

 

更に、徳光アナに関してはこんな話しがあります。やっぱりブラックな噂ありますね。この2人は。

→24時間テレビで徳光アナがイカサマした?

 

因みにアメリカ横断ウルトラクイズ、再放送は来春1月29日より毎週木曜21時に5回づつ放送される予定です!お見逃しなく!そういえば、クイズ番組って完璧になくなりましたね。やっぱりグーグル先生のせいなのかしら。


スポンサードリンク

コメントを残す