スポンサードリンク

カルーセル麻紀の昔付き合った芸能人は超大物?現在は闘病生活?


1 222x300 カルーセル麻紀の昔付き合った芸能人は超大物?現在は闘病生活?

今でこそ、おネエタレントのテレビ出演は普通で、番組の司会までやるキャラクターが増えていますが、そんなゲイブームのパイオニア的存在。カルーセル麻紀。私この人ずっと普通に女性だと思っていました。

 

そんなカルーセル麻紀が新春1月8日テレビ朝日で放送される「死の淵から奇跡の生還!芸能人闘病記」に出演するとの事。このテの人種が日本でウケているのは、我々凡人とは掛け離れた人生経験を送っている事がおもろいからっていう理由もあると思うのですが、どんな過酷な闘病生活を送ってきたのか、気になるところです。

 

そして、カルーセル麻紀の昔付き合った芸能人に関しても、ちょっとした話題になってます。

スポンサードリンク


カルーセル麻紀のプロフィール

カルーセル麻紀が生まれたのは1942年。本名平原徹男。ポツダム宣言3年前に生まれたカルーセルを、アメリカやイギリスと徹底的に戦えるようにと父親が名付けたようですが、皮肉にも幼少期から女装的趣味の兆候がみられ、「お国の為に戦う漢(おとこ)」とは程遠い存在だったようです。

 

当時はもちろん「性同一性障害」なんて言葉の欠片も無かった時代ですから、いじめられ、化物扱いされ。それでも当時のガキ大将に色目を使ってイジメっ子達を退治して貰ってたという、幼少の頃から自分の武器を遺憾無く発揮してたカルーセル麻紀。

 

当時、一世を風靡した美輪明宏の存在に人生を変えられたというカルーセルは、15歳で釧路の自宅を飛び出し、ゲイバーで働くために札幌へ。汽車の車掌に家出少年かと間違われそうになるとそのまま列車から荷物を放り投げて列車から飛び降りたなんて逸話もあります。

 

19歳になるまで北海道から全国のゲイバーを転々とした、フーテンのカルーセル麻紀。そこらの甘っちょろい不良やロックンローラーじゃあこんな事は出来ません。30でモロッコに行き、日本で初めて性転換手術を受けたハイブリッドなカルーセル麻紀の人生についてはこちらでも詳しく書かれていますので良かったら

 

大物芸能人と付き合っていた?

 

カルーセル麻紀で検索すると、「付き合った芸能人」というキーワードが出てきます。付き合ったかどうかは明かされてませんが、故・山城新伍と噂があった時期はあるようです。本人、今でも夜は現役で、世を共にした数は1000を超えるという話も。因みに、対象はゲイでも女性でもなく、あくまで普通の男性だそうです。

 

因みに、1000を超えるにはどのくらいのペースが必要か計算かを計算しました。現在72歳のカルーセル麻紀。早熟だったと考え、16歳で大人になったとすると、今までざっくり56年間のオトナ期間。56年を日にち計算すると、19936日です。それを1000で割ると、約20日。つまり、20日に1人。2ヶ月に3人というペースで、愛を育んできた計算になります。

⇒ここにもいた!3桁達成大物女性タレント!!

 

現在は闘病中?

aa1 300x192 カルーセル麻紀の昔付き合った芸能人は超大物?現在は闘病生活?

2011年に閉塞性動脈硬化症という病気を宣告されたカルーセル麻紀。足の血管、血流の病気で、酷い場合は切断も余儀なくされると言われている病気です。モロッコで手術を受けた際も、その後の化膿と痛みに苦しみ、あまりに現地の医者の対応がずさんだった為、化膿摘出の為に自分でメスを入れたなんて話もあるほどですが(書いていて鳥肌が立つ)

 

高齢者が患うケースが多いこの病気は、痺れや相当な痛みを伴うこともようです。運動不足や喫煙も原因となってしまう病気。タバコがめちゃくや似合う、ヘビースモーカーのカルーセル麻紀も、喫煙量を1日10本に減らして治療に臨むとインタビューで語っていました。完全に禁煙しないところがこの人っぽくていいなあって思うけど、お医者さん、止めてあげなきゃ笑

閉塞性動脈硬化症について医療サイト

おネエタレントの今後は?

 

今完全にお茶の間に定着しているおネエタレント。もともと彼女らは、コンプレックスから人一倍女性に対する意欲が強く、メイクやファッション、料理などにも普通の女性以上に磨きを掛けている人達が多いです。

 

毒舌や、何を言っても許される系のおネエタレントのブームも一段落し、最近は空気を読める、雰囲気を作れるおネエが増え、安心してテレビに溶け込んでいる雰囲気です。アメリカの「sushi」のように、もはやトレンド・ブームから「定着」になってきたおネエタレント。今後の流れも注目です。

 

テレビ情報

新春1月8日テレビ朝日「死の淵から奇跡の生還!芸能人闘病記」
テレ朝 19:00~21:00 カルーセル麻紀・ブラザートム・増田恵子・沢村一樹出演


スポンサードリンク

コメントを残す