スポンサードリンク

嵐櫻井翔の英語が流暢すぎ!高学歴の裏話から東京国際映画祭、君と僕の見ている風景のスピーチ動画


SA7 298x300 嵐櫻井翔の英語が流暢すぎ!高学歴の裏話から東京国際映画祭、君と僕の見ている風景のスピーチ動画

東京国際映画祭で流暢な英語スピーチをした櫻井翔が話題です。もともと本人の高学歴や育ちの良さは有名ですが、「大学で英文科に通っていましたー!」なんて言うけど道を尋ねられても教えられない人が日本には沢山います。

 

滑るように滑舌のいい櫻井翔の英語や、高学歴の裏話をちょっと覗きます。

スポンサードリンク


東京国際映画祭と櫻井翔の英語

10月に行われた東京国際映画祭のサプライズゲストとして現れた嵐。のっけから櫻井翔の英語が炸裂し、薄いワイングラスであれば割れるのではないかと思ってしまうほど、狂気的な大歓声が起こります。⇒動画はこちら

 

国際化が進み、海外の誰とでも簡単に何時間もテレビ電話が出来るようになったにも関わらず、そして、楽天の会社の会議では英語しか使われないと言われるほど国民の意識が英語に向いているにも関わらず、

 

「英語できるのー?」かっこいい!きゃー(≧∇≦*)という人が、まだこんなに沢山居るって事が証明されたイベントでもありました。男子諸君、今更駅前留学したところで、まだモテる可能性は十分です。

 

もともと、「ARASHI10-11Tour君と僕の見ている風景」などでも、流暢な英語を披露しているところをみると、英語に関しては、現在は毎日は練習はしていないものの、ある時期めちゃくちゃ練習し、会話の出来るレベルにまで既に至っているというのがわかります。そして、今回の映画祭では、用意されていた言葉で挨拶をしているのではなく、ある程度自分の言葉でその場で思いついたアドリブを話しています。

 

そんな櫻井翔、学歴が高いことは有名です。

⇒福士蒼汰は英語だけでなくイタリア語も完璧?

櫻井翔の高学歴と裏話

SAA1 300x278 嵐櫻井翔の英語が流暢すぎ!高学歴の裏話から東京国際映画祭、君と僕の見ている風景のスピーチ動画

父は高級官僚、母は大学教師という家庭に育った櫻井翔は、小さい頃から絵に書いたような英才教育を受けさせられ、あらゆる習い事を強要させられていたようです。エレクトーンからピアノからボーイスカウトから油絵からお習字…。帰宅部で犬の散歩しかしてなかった私とは既に子供の頃から違います。

 

13歳の時ジャニーズ事務所に勝手に履歴書を送ったところ、父は猛反対。嵐としてデビューが決まった時も、「いつ辞めるんだ」の一点張りで、コンサートには絶対に来なかったそうです。櫻井翔も、タレント活動があるからって悪い点を取る言い訳にしたくないと、テレビやCMの、コンサートの仕事をこなしながら慶応大学を現役で卒業。

 

「俺コンサートのリハ忙しくてさあ。15点だったよアッハッハー」なんて言ってる学生芸能人なんて腐るほど居ると言いますが、肝の座り方が違います。

 

ある日、櫻井翔のソロコンサートが決まった時に、「もうこんな経験二度とない」と思って、ふと父親を誘ったら、もうぷんぷんしてても仕方ねえなあと思ったのでしょうか、お父さんはコンサートに来てくれて、それからは嵐のライブにも度々来てくれるようになったそうですが、

 

父と子の間に出来た確執を埋める年月は10年以上もの時間を費やしたような。

 

毒を吐きまくる当ブログも、一切毒ツッコミを入れる隙間が無い、泣けてしまう話すぎて困ってしまいます。今更櫻井翔の株を上げるだけ上げてどーすんだ?って感じですが、今日はそんな感じでブログを締めさせて頂きます。

 


スポンサードリンク

コメントを残す